探偵の裁判業務

探偵の裁判業務

一般的に探偵の行う業務は、依頼者から依頼された調査を行うことが主力業務になります。しかし場合によっては、裁判にかかわる業務を依頼されることもあります。

 

 

 

探偵が行う調査の過程によって、ターゲットになる人物の行動を撮影したり、動画に収めることもあるかもしれません。

 

 

 

これらが、裁判などになった場合に、証拠としての能力を発揮する可能性があります。もし訴訟ということを念頭に置いた場合には、探偵は撮影をする場合にも気を使う必要があります。

 

 

 

どの角度から撮影をすれば問題がないのか、もしくは盗撮と騒がれないためにも、どのように撮影をするかということも大切な問題になってきます。

 

 

 

蝶子能力を持ったものは、訴訟の行方を決めることもあります。