探偵事務所と弁護士との連携システム

探偵事務所と弁護士との連携システム

実際に探偵事務所に仕事を依頼する前にこのような場所が「どんなシステム」で成り立っているのか、「どのように」問題を解決するのか知っておくというのはとても賢明なことだと思います。
ここで特に取り上げたいのは探偵の方の「人間関係」というものです。つまりクライアントの依頼を処理している時に「自分では解決できない」問題も出てくるのです。

 

この時にどのように彼らは行動するのでしょうか。よく探偵の方が懇意にしているのが「弁護士」さんです。
弁護士さんは色んな法律に関しての知識を豊富に持っていますし、それぞれの状況に応じたアドバイスというものをしてくれます。

 

ですから探偵の方というのは色んな「弁護士」さんと、懇意にしていることがあるのです。中には特別に顧問契約をしている場合がありますね。
クライアントとのトラブルや、調査段階での問題を排除するためにいつでも相談ができるというわけです。

 

ですから私たちがこのような探偵の方の人間関係や、調査のプロセスというものを理解するとより彼らを信頼して「活用してみよう」と思う訳です。
探偵の方も弁護士のように法律の知識がやはりかなり必要になってきますが、弁護士さんの仕事を行うことは法律で認められていません。

 

皆さんが「浮気調査」などをする時にはきっとその後に「訴訟」とか「慰謝料請求」ということも重なって起きてくるでしょう。
こんな時に適任者をすぐに紹介できるというのは探偵事務所のしっかりとしたシステムに基づいていることなのです。