社会的な立場

社会的な立場

探偵は何々士、つまり資格を重んじる現代の日本社会においては必ずしも評価が高い仕事ではありません。ときにかなりのリスクを負って仕事をすることもある職種としてはかなり寂しいことです。

 

 

 

でももし探偵士としての資格、ライセンスがあったとしても、どの実力はやはり実地の経験によって培われることが多いことは明らかです。また、セキュリティー系の仕事も舞い込むことから、警備会社としても機能する場合があり、より詳細なサービス、個人の事情による便利屋的側面をもっているのは確かなようです。

 

 

 

また探偵という仕事も、その興信所、探偵事務所によって引き受けることと引き受けられないこと、また得意分野、あまり力をいれていない分野とあるので、その事務所の強みをよく確認することも大事でしょう、人々の秘密に迫る秘密裏に動く人々なだけに、あまり社会的に目立ったり、大手をふって歩くというよりは、都会の片隅で目を光らせているような印象でしょうね。

 

 

 

もし探偵によって名誉や名声を得たいと言うのであれば、他の仕事を探したほうがよく、またより権威がある海外の事務所などに勤めればいいのかもしれません。

 

 

 

言葉の問題で難しいことが多いとは思いますが。もしくは、警察の刑事になるしかありません。より曖昧だからこそ、その内実は実力主義で、いい仕事をする人にはそれだけの報酬も与えられるのではないでしょうか。

 

 

 

自分なりにこだわりを持って仕事をするのが大事だと思います。